PEEC LINEPEEC LINE

世界のブロイラー生産量、2005年度は6%増加の見込みです。

主要ブロイラー輸出国の2005年の総輸出量は、650万トンに達する見込みです。トップの輸出国であるブラジルとアメリカは、輸出市場において優位を占めると予測されます。ブラジルは、今年もリードを保ち、2005年の予想輸出量である260万トンは、2003年の水準よりも28%増えています。なお、2005年における主要国によるブロイラー輸入量は、前年より8%多い420万トンになると見込まれます。中国・EU ・日本・メキシコそしてサウジアラビアは、世界のブロイラー総輸入量の75%を占めることになります。


アメリカのブロイラー輸出量は、5%増える見通しです。

2005年は、アメリカにとって有利な為替相場と国内における3%の増産のおかげで、ブロイラー輸出量は、5%増える見通しです。ただし、全米を対象としたAIによる輸入停止措置は、主な輸出対象国では解除されたものの、州単位の禁輸措置が、いくつかの国や地域で依然として残っています。CIS諸国やカリブ諸国のような成長市場でのアメリカ産ブロイラーの輸入の増加は、2005 年も続くでしょう。アメリカ産ブロイラーの最大の輸入国であるロシアへの2005 年上期は、輸出量が抑制されるおそれがあり、アメリカに対する輸入割当量の771,900トンを満たすことができない可能性が出ています。メキシコへの輸出量は骨なし鶏肉の高い需要により18%も増加し、全輸出量の13%を占めるようになりました。また、2005年のアメリカのブロイラー生産量は、1,580万トンに上ると見られています。なお、アメリカ国内では、2005年における、1人当たりの鶏肉製品の消費量は、45.5kgになると予測されています。これには、ブロイラーが、牛肉に代わる価格競争力のある代用品として消費者に受け入れられている背景があります。また飼料となるコーンと大豆の収穫量が記録的に増加し、価格が高水準だった2004年度の価格から下がり続けていることもあげられます。

(FAS Online World Market and Trend より)

line

■FAS Onlineでのトレードデータ入手法

最新の統計情報は以下の手順で入手できます。

www.fas.usda.gov/dlp/dlp.html
FAS Online → What's New

arrow  What's NewのImport/Export Data by Commodityをクリック

FAS Online → Poultry

arrow  Poultryをクリック

FAS Online  ※必要なデータをPDFかExcelで入手できます。