USAPEEC PRESS 2010年12月号

Poultry NewsT

世界各国の鶏肉消費量

アメリカは世界で最も大きなブロイラーの生産国であり消費国です。2010年度の消費量は約13.4MT。また、1人当たりの消費量も世界で最も多く、年間平均43.4Kgでした。消費量第2位は中国で12.5MTでしたが、1人当たりの消費量を見ると、11位の9.3Kgで日本よりも少ないというのが現状です。これからまだまだ鶏肉を消費できる人口が増加すると考えられる中国。潜在的な可能性があるため、今後も注目される市場です。

ブロイラー国別消費量
ブロイラー1人当たりの年間消費量

アメリカ国内 食肉消費量

アメリカ国内の1人当たりの食肉消費量は、過去は牛肉が最も多く続いて豚肉、鶏肉の順であったが、1990年には鶏肉が豚肉を、そして2005年には牛肉も抜き、鶏肉がアメリカ国内で最も多く食べられる食肉となった。近年のヘルシー志向が原因と考えられ、今後も鶏肉の国内需要は増加傾向にあると思われる。

1人当たりの食肉年間消費量

US産食肉輸出量

US産食肉のブロイラーの輸出は、1990年代から飛躍的に 伸びた。2008年を境にやや減少傾向にはあるものの、依然として食肉の中で最も多い。

ブロイラー、ターキー生産量

ブロイラー生産量世界シェア
ターキー生産量世界シェア

Poultry NewsT 「2011 プロフェッショナル U.S. ターキーレシピブック」が完成しました!

US産食肉輸出量

今年で6シリーズ目となる「プロフェッショナルレシピブック」。今回はターキーに焦点を当て、US産ターキーを使ったオリジナルレシピを5つのレストランに考案していただき、サラダからハンバーガー、メインディッシュまで17品を紹介しています。また、今回レシピ考案をお願いした各店舗でターキーを使ったさまざまなお料理を楽しめる“アメリカンターキーフェア”も開催予定です。カジュアルに楽しめるお店ばかりですので、皆様是非お誘い合わせの上、足をお運びいただければと思います!開催時期は各店舗で異なるため、順次ご案内させていただきますのでお楽しみに♪。

※レシピブックをご希望の方は協会までお問い合わせください。