アメリカ家禽鶏卵輸出協会 プレスランチ開催報告

「Fish Bank Tokyo」にてプレスランチを開催

2006年9月12日、アメリカ家禽鶏卵輸出協会(USAPEEC)では、レストラン「Fish Bank Tokyo」にてプレスランチを開催し、メディア関係者約40名が参加しました。このプレスランチはアメリカの豊かで広大な自然の中で育まれたターキー、ダック、ゲームヘン(軍鶏)の美味しさと、世界に誇る高い品質とその魅力をより多くの方に知っていただくための目的として行われました。

最初に駐日代表の天野いず美による挨拶の後、管理栄養士・健康運動指導士の貴堂明世さんの「アメリカ産ターキーとダックの栄養価と健康管理」について講演が行われました。

「Fish Bank Tokyo」にてプレスランチを開催

「アメリカ産の家禽は、徹底した品質管理とアメリカ農水省(USDA)の厳格な規定のもと、優れた一貫性システムがとられているため、高い品質技術と安全性が保障されています。トウモロコシや大豆といった穀物飼料を中心に与えられて、平飼い方式で自由に運動できるストレスフリーの環境下で、健康的に飼育されているので美味しさも格別です(天野いず美)」

「40歳〜74歳の男性2人に1人、女性では5人に1人が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予備軍といわれています。予防のためには低エネルギー、低コレステロールの食生活が効果的です。その点、牛肉や豚肉に比べて、ターキー、ダック、ゲームヘン(軍鶏)は、脂肪部分を取り除きやすく、低脂肪料理にすることが容易です。また、ビタミンやミネラルをも豊富で、飼育方法が自然に近いことからも、不飽和脂肪酸が少なく、生活習慣病予防に適している食材といえます(貴堂さん)」

講演後は「Fish Bank Tokyo」の料理長、大上亮氏によるアメリカ産のターキー、ダック、ゲームヘン(軍鶏)を使用した特別メニューを紹介し、ご参加頂いた方々からも大変好評でした。

当日紹介したメニューは こちらメニューへのリンク

講演者紹介

管理栄養士 貴堂 明世(きどう あきよ)さん

1985年一橋大学商学部卒業。
日本アイ・ビー・エム(株)、アメリカ系ベンチャー企業の日本法人勤務後、父親の入院・死去を転機に、食生活の大切さを痛感して、女子栄養短期大学に入学、卒業。
病院勤務を経て、荒牧麻子氏が主催するダイエットコミュニケーションズを経て、平成17年アム・ティッシュを設立。現在は、管理栄養士、健康運動指導士、フードコーディネーターとして、食卓に係わるテーマを中心にマスメディア・インターネット・医療機関・教育機関を通じ、健康・栄養情報の啓蒙活動や栄養指導を行っている。