アメリカ産「チキン」レシピコンテスト結果発表
[最優秀賞] 秋の彩りごはん


[受賞者]松岡 育子さん
材料/分量:3人分
・とりもも肉 4cm×1.5cm   
2枚
・しょうゆ  大さじ3 ※つけだれ
・砂糖  大さじ4・1/2
・ 水 大さじ6
・酒(ゆで汁の中へ入れる) 大さじ3
・米 1カップ
・もち米 0.5カップ
・鶏の煮汁      200cc
・昆布だし        100cc
・ ほたての貝柱(乾物) 10g
・酒 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1・1/2
・塩 小さじ2/3
・油あげ  
1/2枚
・本シメジ 薄切り6枚
残りは3mm角に切る  
70g
・黄菊 5個
・みょうが 1枚ずつ皮をはがす 3個
・ 酢 60cc 甘酢
・水 60cc
・砂糖 20g
・塩 1g
・人参 抜き型もみじ(小)で抜く 10個
・さつまいも 抜き型いちょうで抜く 10個
・さつまいも 抜き型いちょうで抜く 10個
・ぎんなん(缶詰) 10個
・枝豆 10個
・絹さや ななめに切る 10個
・ゆずまたはカボス 薄切り・輪切り 各2個


line

<作り方 (所要時間 60分)>

  1. 鶏肉は余分な脂肪を取りさっと洗って酒大さじ2を入れて茹でる。茹で汁200ccを取りこの中に乾物のほたての貝柱を入れ戻す。
  2. 昆布だしをとる(100cc)
  3. 米ともち米は洗って浸水させ、ザルに上げ水けを切って土鍋にだし汁とAを入れ火にかける。吹きこぼれそうになったら火を弱め水分がなくなるまで7〜8分加熱し最後に1分ほど強火にし水分をとばし火を止め蒸らす
  4. 鍋につけダレの材料を入れ火にかけ鶏肉を入れタレをよくからめる。味のしみ込んだ肉を4p×1.5pぐらいに切り分ける
  5. 甘酢の材料を鍋にいれ沸騰させさまして二つにわけておく(菊用、みょうが用)
  6. 菊は酢少々入れた中で茹で甘酢につける
  7. みょうがはさっと茹ですぐ甘酢につける
  8. 枝豆は茹でぎんなんも塩少々入れた中でさっと茹でる
  9. さつまいもは鍋に水1カップ、砂糖大さじ2、塩ひとつまみ入れて茹でる
  10. 本しめじ6枚(飾り用)は鶏のつけダレの中に入れ味をからめる
  11. 人参もさつまいものゆで汁で茹でる
  12. 絹さやは塩ひとつまみ入れて茹でななめにカットする
  13. 炊き上がったごはんの上に鶏肉、菊、人参、さつまいも、しめじ、ぎんなん、枝豆、みょうが、絹さや、ゆずを彩りよく散らす


Point!

・赤、黄、緑の彩りをチキンと秋の食材を使い土鍋の中にとじこめました。フタを開けた時紅葉を楽しんでいただけるような色合いに気を配りました。秋には一度は試していただきたい秋の彩りごはんです。
味に深みを出したかったのでチキンのゆで汁、昆布だし、ホタテの戻し汁でごはんを炊き、ゆでたチキンはつけダレをからめて秋の食材と一緒にごはんの上に散らしました。

※このレシピは、アメリカ産「チキン」レシピコンテスト2018応募者のものです。
一般の方のレシピをそのまま紹介していますので、調理の際は参考としてご覧ください。